スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牌譜検討その14

どうもyamiです。近頃ヤマザキのパンをエネルギーに大学生活を過ごしております。午後の講義を乗り切るのに十分なエネルギーを得るために100円玉を握りしめ売店へ赴き、ツイッターのTLを眺めながらパンをかじるという貧乏くさいランチタイムが好きです。学生生活に限らず、麻雀を打つにしても何か食べてからのほうがいいように思います。私の一番のお勧めは板チョコです。バリバリかじっていると何となくモチベーションと血糖値が上がります。糖分は脳のエネルギーですからね。さぁ今日もそろそろマンネリ化してきている牌譜検討をしましょう。


今回の依頼者はMKZさんです。関西天鳳勢にはお馴染み雀ゴロの兄貴ですね。正直私が検討なぞしてしまっていいのか?という疑念が少なからずありますが、とにもかくにも始めましょう。





14-1.jpg



腰が引けてますね。發を切り飛ばすべきです。対面の仕掛けは無視して突き進みます。リャンメン落としは確かに気持ち悪いですが、手牌は開けてみるまでどんな形か分かりませんから2巡目から気にしても仕方ないでしょう。


14-2.jpg



これも同じです。ドラポン?染め?アガれなければただ牌を晒したに過ぎないんですよ。北でも發でも捨てて鳴かれたら「誰か振り込めやオラァ!」で十分です。



14-3.jpg

ドラを切って追いかけたいところですが、いかんせん待ちがあまり良くないです。ここはピンズ落としで回るのが正着ですね。ちなみにもしカン6pが良い待ちならドラだろうがなんだろうが切ってブン曲げて「出てこんかいアホンダラァ!」です。ドラを切って振り込むのを過剰に嫌う人がいますが、危険度という意味では普通の無筋と比べて極端に危険というパターンは稀ですので、ドラを切って平然と追いかけられるようになれば昭和系のオッサンなどは





HARA1.jpg




こんな表情になること間違いなしです。






14-4.jpg





牌効率的に4sです。、58sを先に引いてもリャンメンになる強みがあります。678+8と見るのではなく67+88と見ることができるかどうかがカギです。通常の浮き牌である8sと区別できるようにしたいところです。



14-5.jpg



その発想



その発想はなかった


巡目が早く、良形変化が4種あるので手変わり待ちという選択もありなのかなと思いましたが、私ならこのまま曲げて押さえつけます。手変わりして曲げるまでに時間がかかり、なおかつその間に自由に打たれるのは辛いものがあります。現代麻雀の即リー打法はミスをしても大したミスにはならないことが強みですので、仮にアガれなかったとしても「どうせ手変わり待ってったって先制されてアガれないことには変わりないさ」と割り切って次からもどんどん曲げていくことが大事です。

14-6.jpg

「この手筋に出会うために生まれたような気がする・・・」「何か麻雀の歴史を感じる・・・」


14-7.jpg



親で待ちも悪くないので即リーでいいのではないでしょうか。メンホンも捨てがたいですが、巡目もそこそこ深く、これ以上遅らせてアガり逃しをしたくないですね。一段目までなら戻すのもアリかなというところです。このあたりの微妙なテンパイ判断はややアガリ重視にしておけばまず間違いはないです。この後の西ポンも微妙です。どうせ2900にしかならない仕掛けをするなら、最初から曲げておけばいいのでは?と思わされました。





14-9.jpg


良形でリーチに対抗したいのは分かりますが、ここまで打点差があり、なおかつ南場のラス目ということを加味するとドラ単騎が有利だと言わざるをえません。これが条件のない場でも私はドラ単騎に受けます。リーチとめくり合う時は打点を犠牲にしてでもアガリ率を増やすことが大抵の場合有利ですが、それでも元の打点が高くなければ、いくらアガリ率を上げてもリターンが見合わないところが苦しいところです。もっともその打点差を覆すだけの有利な情報(現張りで極端にアガりやすい)などの条件があれば話は別ですが。




14-10.jpg




イーシャンテンに受けてもどうせ愚形リーのみにしかならないのならば、9pを切ってシャンテン戻しからのタンヤオ狙いがベターではないでしょうか。7pをひけば6sを切ってフリテンターツ残しでもかまいません。基本シャンテン戻しをするのは「戻さずに受けた形の価値が極端に低い場合、または戻した後の形の変化が極端に強い場合」という理由がある時に有効です。今回は前者ですね。受け入れ厨ならぬシャンテン厨は天鳳民にも多くいるのではないでしょうか。





14-11.jpg



この手で安牌枠はいりません。最速でテンパイ即リー狙いでいいですね。北を切ります。




14-12.jpg


安牌枠はあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああいらないいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい



私はゼンツ厨なのでしょうか。字牌を捌く以外の手は浮かびませんでした。もちろんトップが遠く攻めるメリットはあまりないかもしれません。しかし放っておけば親に好き勝手に打たれ連荘を許しいわゆる「ツモられ貧乏」になることは必至です。つまりここで攻めるのは順位を上げるためではありません。この順位を維持したまま点差を離してオーラスまでもっていこうという「守備的ゼンツ」なのです。





こんなところでしょうか。全体的にバランスがよく、洗練された打ち筋にやはり雀ゴロなのだなぁと感心させられました。実のところツッコミどころを探すのに躍起になりました。余談ですが一戦目の上家、二戦目の対面はとても下手でした。ヤニだかゴミだか知りませんが、鳳凰民の風上にも置けません。私としてはこの雑魚プレーヤーのほうをツッコミたかったというのは内緒です。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

サンキューヤッミ フォーエバーヤッミ

地蔵ラス回避のためのテクニックをヤッミの攻撃スタイルに求めてみてかなり参考になったやで

四人打ちやとそこまで字牌絞らなくてもエエのかもね。もうちょっとのびのびゼンツしてみるわー。多少手順が変態なのは許して、どうぞ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

yami

Author:yami
天鳳鳳南七段。主に麻雀関連のことを書きます。牌譜添削を受け付けていますので、依頼したい方は牌譜をtwitterかコメント欄に貼り付けてください。お待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。