FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牌譜検討その11

どうもyamiです。特上を一気に駆け抜け七段に戻り、さぁこれから鳳凰卓ライフを謳歌するぞと思っていた矢先地獄を引き特上に送り返されそうになっています。勝つのも負けるのも一瞬なのがyamiクオリティです。楽しいと言えば楽しいですが、気分の浮き沈みも激しくなってしまいますね。さて今日も牌譜検討をします。


今回の依頼者はかやたんさんです。風呂で天鳳という廃人ここに極まれりといったドMプレイがお好きな女性の方です。さすがに私も少し引きましたが、その天鳳に対する姿勢には尊敬の念を抱かざるを得ません。こちらも真剣に検討させていただきましょう。













11-1.jpg


ターツが足りているので役牌を残して2pを切りましょう。3pを引いてリャンメン変化しても結局愚形が残る可能性があるのであまりおいしくありません。リャンメン変化の浮き牌を残すのは最終的にリャンメンが待ちとして残る可能性が高い時だけでも十分です。リャンメンは待ちとして残れば強力ですが、イーシャンテン以前ならカンチャンペンチャンより受け入れが4枚多いターツでしかないということですね。







11-2.jpg


ターツオーバーは原則一番弱いターツを払うのがセオリーです。打点的にドラトイツを捨てるわけにはいかないので孤立したトイツである3mトイツを落とすのが効率的です。ポン材としてトイツを残す場合とは違い、メンゼンで進めていく場合トイツが3つ以上あると受け入れが被って損です。







11-3.jpg




イーシャンテン段階の受け入れは貴重ですので素直に3sを切りたいところです。ただのカンチャンターツでもテンパイに近い段階の受け入れというだけでその価値は上がります。ただ3sのくっつきでタンヤオが狙えるのも有力なので、これは難しいところです。



11-4.jpg


「どうしたんだかやたん!何のための3s残しだ!」と思わず心の中で実況してしまいました。せっかくタンヤオターツが揃ったというのに、北のトイツ落としをしないのはどういうことでしょうか。この手はドラが2枚あるので、なおさら仕掛けてテンパイをとることを考えなければなりません。バカ正直にメンゼンで作っていたら日が暮れます。






11-5.jpg


ここから鳴くとドラが浮いてしまい、打点面で損です。使えないドラを無理に使うことはありませんが、使えるドラを使えなくしてしまうのは守備的にも損です。7p以外を仕掛けましょう。











11-6.jpg



先ほどリャンメンは最終形に残れば強いと言いましたが、これは打点差が大きいのでトイトイに受けたほうが得です。打点差によって良形に受けられる場合でも愚形に受けたほうが得なケースは少なくないので、その比較は現代麻雀技術論を参照してください。




11-7.jpg

12000確定の現張りリャンメンならダマでいいかと思います。もしダマ5800にしかならないならリーチ推奨ですが、打点上昇が大きくないのでダマで和了率上昇をとるべきです。ただどうせオリないならリーチというのも悪手ではありません。つまりこういう特殊な状況でなければダマが有利にならないほど即リーは得な選択だということですね。



11-8.jpg



まだマンズが苦しい形なので東でいいでしょう。46sツモは勿論、357sツモでも4mの二度受けが解消されて受け入れが増えます。安牌残しというのは手牌に安牌を残せるだけの枠がある時に残すべきなのです。この形で安牌枠を作ってはいけません。



11-9.jpg


これはクリミスでしょうか。北以外切るものがありません。





11-10.jpg

親の手にドラがあったのは結果論ですが、トップ目で親が役牌含みの2フーロ、中張牌手出しが入っているのでもうオリに回ります。この場面で考えなければならないのは親に連荘させないことだけです。自分がアガろうとしてもこの手ではどうせ間に合いませんから、上家で無筋ばかり切っていると親が助かるだけです。自分は親と心中して他家2人にまかせておけばいいのです。ツモられるのは仕方ないと割り切りましょう。メリハリのある押し引きが重要です。








11-11.jpg



枚数で5mが有利そうに見えますが、私は6mを切ります。親が序盤に3m→1mと切っているのがポイントです。この順番で落とすのは3mのリャンメン変化を期待していない、つまり1356mからの打ちだしが濃厚です。親が5mを持っていることは明白ですね。そして3mを持っている可能性もほぼありません。対面もドラである1mを早々に切っており3mを持っている可能性が低いです。何より3mが親の現物であるということは親がリーチをかけてきた場合、他家2人がオリると仮定して3mは優先的に切られる牌になります。しかも親はカンチャン落とし→赤ツモ切りとすぐにでもリーチがかかりそうな捨て牌です。アガリやすさで3m待ちがはっきりと有利であることがお分かりでしょうか。アガリ牌が切られてしまっているというのは、必ずしも不利な情報とは限らないのです。表面だけの枚数にこだわることがないようにしたいところです。




11-12.jpg


配牌オリが許される場面ではありません。親とは6800点差、リーヅモドラ1で捲くられてしまいます。ここで考えることは自分が上がって決めてしまうこと、下位の者に差し込むことです。対面は打点を作るのに時間がかかり、
下家もラスからの直撃だけを避けていればいい場面です。自分がオリると親の一人旅になってしまいますね。場面ごとに他家がどう出てくるかを考えなくてはなりません。自分で決めにいくべきか、いかなくてもいい場面なのかをしっかり見極めることがオーラスの戦い方のコツです。





11-13.jpg


ピンズを切って差し込みにいきましょう。もちろんマンガンまであれば2着に落ちてしまいますが、大抵は2000か3900で済みます。序盤にドラ側の7pを切っているので些か不安ですが、ドラを暗刻で持っているというのはさすがに出来過ぎですね。2着目の親との点差が点差なので一刻も早く差し込みたいところです。









11-14.jpg


鉄リーです。ダマにするメリットがありません。どうせ振り込んでも2着までなのでとにかくアガることだけ考えるべきです。オリれば親が流れるような場面ではありませんから自分でアガって流す必要があります。





こんなところでしょうか。2つ牌譜を頂きましたがよりツッコミどころのある方を添削しました。添削していた思ったのは全体的な力不足です。とにかく数を打ちより多くの場面、手牌に遭遇して、そのたびに正着を導く力を養うことが上達に繋がるでしょう。戦術本、ブログを見て勉強するのもいいですが、何よりも自分自身が合理的な思考ができるようになれば正着を導きやすくなります。天鳳愛のままに打ち続けて下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

やみさーーーーーーんんん!!!

めっちゃこまかくありがとうございます><
げんま読み返して勉強します!

また呆れず牌譜見てくださいね(´;ω;`)

よくこれどうしたらいいのーってのあるからそんときはやみさんに持ってきますw

がんばりますよおおおお

No title

>かやたんさん


どういたしまして。いつ持ってきてもらってもかまいませんが、満足のいく答えが返せるとは限りませんよw
プロフィール

yami

Author:yami
天鳳鳳南七段。主に麻雀関連のことを書きます。牌譜添削を受け付けていますので、依頼したい方は牌譜をtwitterかコメント欄に貼り付けてください。お待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。