スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牌譜検討その10

どうもyamiです。六段に落ちてからの自分は燃えカスのようです。楽しかったころの思い出に浸りながらポチリポチリと特上の予約を押すその姿は、リストラを食らったサラリーマンのような哀愁が漂っています。しかしいつまでも沈んでばかりはいられません。天鳳で段位を上げるにはポイントを稼ぐしかないのです。課金アバで富豪になれるハンゲとは違うのです。いつとは言えませんが必ず鳳凰卓に戻り以前のように鬼打ちします。その前にしなくてはいけないことができました。久しぶりの牌譜検討です。

今回の依頼者はmkzさんです。東風戦の牌譜を3ついただいたので、その中から気になる部分をピックアップしていきましょう。



目いっぱい

安全牌の1mを残したようですが、序盤~中盤なら目いっぱいに受ける1mで問題ありません。南のトイツもありますし、それほどゴミ手というわけでもないので素直に打っていいでしょう。ただしチャンス手というほどでもないので無理は禁物です。





危険牌処理

上家に36pが将来危険になりそうだからといって先に切ってしまうとドラが使えません。西を切ってリャンメン変化を待ちましょう。ピンズでリャンメンができるとペンチャンを払って良形確定になるのが大きいですね。麻雀にイッツーはないのです。





弱気

イーシャンテン維持の東でよさそうです。それほど守備に困っていませんし、5mが通ればまだ攻められるのでここで手じまいしてしまうのは時期尚早と見ます。ギリギリまで粘っての形テンという快楽効率を重視・・・冗談です。





高打点受け入れ


打点がほしいのでドラを残すのはいいですが、それなら打3sで赤も残しておきたいところです。そして私は打点を犠牲にしてでも中を切ります。さすがにこの巡目で極端に受け入れの少ないイーシャンテンに受けるのはアガり率が低すぎます。形テンも見ながら張ったら安手でも即リーして、少しでも点棒をかき集めるのがデジタルな選択ではないでしょうか。この局でドラを重ねてアガろうというのは虫がよすぎる話です。


ヘッドレス役牌泣き


ヘッドレスの役牌鳴きはオススメしません。大してアガりやすくもなってませんし、守備は大幅マイナスです。メンツは横にくっつけながら作ることができますが、アタマは同じ牌を引かなければできないので手牌を短くするとそれだけアタマ候補が少なくなって苦しい形になります。ただはっきりとしたアタマ候補がある形(4567や字牌のドラなどで高打点が狙える場合)やアガリトップの条件ならヘッドレスからでも鳴くことはあります。


ホンイツ渡り

この場面の孤立牌の価値は2m<白です。白を重ねることでピンズのホンイツに渡ることができ高打点が見込めます。ピンズは45+56と見ればターツが足りていることはおわかりでしょう。リャンメン2つを落とすことになりますが、打点が圧倒的に違うので気にしません。すでに十分良形ターツが揃っているので3m引きのリャンメン変化はあまりおいしくないです。無論重ならなければ普通に發頼みの手作りをしたほうがいいです。

赤切りアピール

いぶし銀の一打ですね。自分が安いということをアピールしてサシコミを期待するという腹ですね。2or3着を救済し、自分はトップを固めるというラス目からしたら絶望の局面であることは間違いありません。非情に局を回すのもまた天鳳の醍醐味です。


今回はここまでです。全体通して的確な判断が多く、ツッコミどころが少なくて少々唸ってしまいました。しいていえば少し守備に意識がいきすぎているかな、というところです。押しのテクニックは私を観戦して身につけていってください。それを実践できればきっと2か月でチャオれるほど素晴らしい成果が出るでしょう(ニッコリ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

サンキューヤッミ (丁寧な添削)おおきにやで。

・1枚目
三色確定形ならスピード重視でブクブクの予定でしたが、表示牌の7mが必要で、1s残すと宣言牌3sを食わせてのツモ切りマシーン誕生の可能性大・対面にも索子が濃そう→1m残してくっつき期待
だったんですがどうでしょう

・2枚目
36pをあまり持ちたくないというより、河的に4pが薄そうかつ2pが引けそう→アタマの比較的作りやすいペンチャン(ストレートに3s引くフォローもある)残し
という意図でした


・3枚目
明確なミスでした。1s一枚あればとりあえず前進しつつ安全も買えたかな。このときの俺の頭の中を割って見てみたいww

・4枚目
たぶん違う人の牌譜かとww ちなみにおれも9m切ります。対面の手出し的に8mが薄そうなので、69m引きは考慮したくないです

・5枚目
ここで中で放銃してしまうと完全にオーラスが消化試合と化すので中は抱え死ぬ気でした。形的に対子手しか道が無いので一番不要な5sを選択。1,2s重なれば4m、中重なれば3s切りダマ、ポンできる牌は全て鳴き、場合によっては中単騎の形聴見てました

・6枚目
形的に門前だとそれなりに時間かかりそうで、一応混一見えるので鳴きました。親にツモ回したくないので基本的にその後のポンは厳禁、適当にマンズに寄せながら親にクイタン気配でたら字牌使って絞りに回ります。(変則手傾向ならペンチャンチーなどで字牌を高くする)

・7枚目
明白なミスでした。流石によほどのことが無い限り白が重なっても役々ドラ赤の満貫かミニマム2900を目指すことになりそうですが。2mくっついても結局迷うだけですし

・8枚目
ドヤァ

(さらなる質問多くて)すまんな。

ヤッミスタイル吸収してさらに引き出し増やすやでー

No title

>MKZさん

どういたしまして。1枚目は基本イーシャンテンの段階で変化を期待して受け入れを減らす選択肢はありません。くっつきもあまり強くありませんし、3sは特別鳴かれやすい牌というわけでもないですね。あまり相手を気にしすぎると相手が打ちやすくなるだけなので損な選択が多くなります。

2枚目は1pをアタマとして作るほうが速いです。この時点での山読みは精度が低く、打牌判断の情報としては不十分とするのが自分の意見です。ヨコに伸びるところは伸ばして和了率を最大にするのが得ではないでしょうか。



5枚目は中で当たるパターンを重く見過ぎていると思います。ノーテンでオーラスを迎えてもほぼ消化試合であることは変わらないので、テンパイ確率を高め、ラス回避を射程圏内にすることを優先します。マンツモで捲くれるかどうかでラス率は変わってくるはずです。ちなみにトイツ手は遠いので見ずに棒テン即リーといきます。


6枚目はホンイツがついてもだいたい3900止まりですし、役を確定させてもターツが揃ってないのでくっつきのロスが大きくなります。アタマができてから鳴くとよりアガりやすいのでこの時点ではスルー推奨です。特殊な状況ではないのでツモを回すことや絞ることはあまり考えずに、最速で4面子1雀頭を作るほうが相手も打ちにくいはずです。


恥ずかしいので4枚目は削除しておきましたw




No title

なるほど。攻撃をもう少し意識してみますね。アタマの作り方については他の人の意見も参考にしながら検討してみます。特東でptばら撒いてるんで、もし鳳凰復帰したいならよろしく、どうぞww
プロフィール

yami

Author:yami
天鳳鳳南七段。主に麻雀関連のことを書きます。牌譜添削を受け付けていますので、依頼したい方は牌譜をtwitterかコメント欄に貼り付けてください。お待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。