スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牌譜検討その9

どうもyamiです。七段に落ちた自分はもう完全にオワコンなんだなぁとため息をつきながら柿ピーをポリポリかじる毎日を過ごしています。しかしファンのみなさん(誰やねん)は私を見捨てずに応援してくれているのでどうにか救われているというのが現状でしょうか。もうお馴染みとなったこのコーナー(?)にもやる気が出てくるというものです。というわけで今日も牌譜検討です。しつこいですねすみません。

今回の依頼者はDelongeさんです。これが2度目の依頼ということで、私もいつもより気合を入れて臨みたいと思います。




役牌温存



役牌は温存して1pでも切りましょう。メンツ候補が足りていない・狙える手役が見当たらない・メンゼンで進めて間に合わないの3ない手牌とくれば、役牌の価値がどれだけ高まるかはお分かりでしょう。たかが字牌1枚で、と考える方もいらっしゃるでしょうが、その字牌一枚でアガりへの道を見つけられる人間こそ本当の強者です。








染めケア

現物の5pしかありません。テンパイすれば勝負ですが、マンガンテンパイ濃厚な上家に親とはいえ仕掛けのきかない愚形含みのイーシャンテンではとても押せないので、通っていないピンズを引いたら潔くオリます。まさかこんな形だったとは予想できませんでしたが。








東温存




打ちにくい4pは先に処理して東を持っておきましょう。23pがくっついたとしても上家が染めてきているので、あまりいいターツとはいえません。









發トイツ落とし



上家が不気味なので受けに回るなら6mですが、こちらも親のタンピン三色イーシャンテンなので發トイツ落としはギリギリokといえそうです。2pが出たら即座にチーテンにとり、かわしにいくことも忘れずに。






ナイススルー

このスルーは非常に我慢強い選択ですね。対面、上家の完全安牌を消費するには打点と待ちが悪すぎます。他は全部鳴きますが、ここだけはスルーという「ダイヤモンドスルー牌」です。



こんなところでしょうか。全体的な感想としては字牌をもっと大切にしたらいいかな、というところです。絞っていけと言っているのではありません。安全牌、重ねてトイツなど有効な使い方を模索せよということです。使いにくいというのはデメリットですが、それは相手にとっても同じことです。その使いにくい字牌をどう活用するか、ここに麻雀のコクがあると言っても過言ではありません。是非とも字牌マスターと呼ばれるほどに字牌を使いこなしていただきたいと思います。
スポンサーサイト

牌譜検討その8

どうもyamiです。九段まで一気に駆け抜けた勢いはどこへやら、今は次々とラスを引く毎日であります。「こんな雑魚が九段とかwwwwwwwwwww鳳凰卓ヌルすぎwwwwwwwwwww」などと煽られてもぐうの音も出ません。しかし勘違いしてはいけません。100戦200戦で負け越すことなど、かなりの猛者でも決して低くない確率で起こり得るというのが麻雀というゲームです。「100戦で500pt溶かしたなら、200戦で1000pt稼げばいい」ということです。長期の不調を引いたなら。さらに長期の好調を待つだけです。何が言いたいのかといいますと牌譜検討をします。全く脈絡がなくてすみません。もうネタ切れなんて言えない・・・

今回の依頼者はんこさんです。かなり以前に依頼していただいていたにも関わらず、自分はツイッター廃人と化していて全く気付きませんでした。本当に申し訳ないです。しっかり添削していきたいと思いますので、どうかお許しください。




3900確定チー


このチーはもったいないですね。チートイ、トイトイの可能性を捨てて、ドラ受けを否定して打点が3900に限定されてしまっています。私なら78m、2p、南しか鳴きません。マンガンの可能性を追いながら手を進めても悪くないでしょう。二度受けが解消できていかにも急所っぽい69mですが、打点のデメリットを考えれば有効な鳴きではないことがわかります。

字牌東残し

東を切ってマンズをゆったり受けましょう。雀頭の作りやすさがポイントですね。4679や2356のような受けがかぶっている形はついつい切りたくなってしまいますが、横に伸びない字牌を切るほうが得な場合は多いです。


枚数を考える

枚数で1sです。特に9s待ちが有利だという情報もありませんし。

鳴きイーシャンテン

スルーしてツモを見て押すか引くか決めましょう。これでは愚形(78p)が残ったままのイーシャンテンで押すに押せませんし、かといってオリるには安牌が少なく立ち往生といったところでしょう。後手を踏んでいるので慎重に判断しなければいけません。下手に前に出るのはカモのすることです。


マチ選択


この待ち選択はいいセンスです。6mのリャンメン変化がある分シャボに受けたほうがいいんじゃないかと思いがちですが、これほどソーズがとんでいれば8s待ちは絶好です。変化より直接の待ちの強さを重視するべきです。何故か変化ばかり語る戦術書が多くて私は辟易しています。



こんなところでしょうか。少し腰が軽く、無理にネット風に合わせようという打ち方に見えました。一番大事なのは「何を鳴くか」ではありません。「何を鳴かないか」ということなのです。スルーする牌をしっかり決めておけば、無理な鳴きが減って勝率アップ間違いなしです。どのように決めるかがもっとも難しいところですが、あえて強引に言い切ってしまうなら「メンゼンで作れるならできるだけメンゼンで、間に合わなければ鳴きで」というところでしょう。メンゼンで作れる手をギリギリまでメンゼンで作る、今のネット雀士にはこの能力が欠けているのではないかと思っています。鳴き巧者であり、メンゼン巧者でもある雀士を目指しましょう。

プロフィール

yami

Author:yami
天鳳鳳南七段。主に麻雀関連のことを書きます。牌譜添削を受け付けていますので、依頼したい方は牌譜をtwitterかコメント欄に貼り付けてください。お待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。