スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔神の攻めを読んだ感想

どうもyamiです。先日渋川プロの新刊「魔神の攻め」が発売されました。前作「魔神の読み」を読んで「渋川プロ凄すぎやでぇ・・・」となった私は発売日に本屋へ走りました。すでに本棚にはなく店員さんに在庫を調べてもらって買いました。欲しいのは自分だけではなかったのです。連盟本はずっと本棚にならんでますが

そして家に帰って早速読みましたが・・・素晴らしいです。傑作です。「やっぱり渋川プロ最高や!」と叫びそうになりました。すいません嘘です言い過ぎました。ともかく、前作にも劣らない良著、いやそれ以上のものかもしれません。


全3章からなる構成で、1章は赤入り麻雀の定石、2章は攻撃への備え、3章は魔神の教室となっています。全章を通して、渋川プロ独特の論理的でユーモラスな文章は魅力的です。肩肘を張らずに読めるのがいいです。それでいて実に実戦的な内容で、読めば間違いなく雀力は上がるはずです。また戦術の合間合間に書かれているコラムも楽しめます。ネット雀士ならニヤっとしてしまう内容です。


1章はチップありの赤入り麻雀の戦術が書かれています。一つの手牌でも5000点相当と2000点相当のチップで答えが変わるというのが見所です。「2000点相当はオマケ程度に」と書かれていたので、チップのないルールでも2000点の祝儀のほうの答えで問題なさそうです。私としてはチートイツについて書かれていたのが嬉しいです。どうも最近福地本の影響なのか、チートイ軽視の風潮があるようです。その中でチートイに対しての考え方がはっきり書かれているこの本はそういった風潮に警鐘をならしているかのように思えます。


2章はベタオリや回し打ちなどのテクニックについて書かれています。「魔神の攻め」というタイトルの本ですが、守備のことまで書かれているとは、「攻撃と守備は表裏一体だ」という渋川プロからのメッセージでしょうか。他の戦術書ではちょっと見られない高度な内容なので一読の価値ありです。


3章は渋川プロがネット雀士の麻雀を指導していくものです。ハンドルネームR2D2Red Dog?
というネット雀士との対談形式で進みますが、渋川プロの容赦ないツッコミが笑えます。ありがちなミス、思いこみについて書いてあるのは自分のことを言われているようで少しドキっとしました。まさに「教室」という感じで、楽しく学べます。





ここまで褒めちぎってきましたが、問題点もありました。この本誤植が気になるのです。白の仕掛けが入っていると文章にあるのに、図では仕掛けが入っていなかったり、図の各家の位置がズレていたりします。「今すぐに欲しい!」という方以外は重版を待ったほうがいいのではないでしょうか。


価格は1470円と少し割高な気もしますが、内容は間違いなくそれだけの価値があります。渋川プロのファンならずとも、一度手にとってみることをオススメします。
スポンサーサイト
プロフィール

yami

Author:yami
天鳳鳳南七段。主に麻雀関連のことを書きます。牌譜添削を受け付けていますので、依頼したい方は牌譜をtwitterかコメント欄に貼り付けてください。お待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。